トップ > 目的別に選ぶ > 予約がとりやすい > 予約をとりやすくなるよう体制を整えているかがポイント

予約をとりやすくなるよう体制を整えているかがポイント

広告は鵜呑みにせず脱毛マシンや脱毛方法を確認

「予約がとりやすい!」という広告や、「必ず予約がとれるから心配しないでください!」とカウンセリングで説明を受けたから契約したのに、実際は、予約がとりづらくて困った! 脱毛をすでに経験したことがある方のなかには、こんな経験をした方が多いと思います。

実際に予約がとりづらくて困って、解約して返金を求めても、なかなか返金に応じてもらえない・・・という脱毛サロンもあるようです。 2016年8月、消費者庁から、大手の脱毛エステサロンに対して一部業務命令が下りました。

こちらの脱毛エステサロンも、予約がとりやすいという誇大広告をしておきながら、実際には予約がとりづらく、月額制(月払いローン)で料金を支払っているにも関わらず、予約がとれないため施術を受けられないという自体になっていたようです。 さらに、施術を受けられなかった分料金の返金を求めてもなかなか応じてもらえなかったという方もいるようです。

脱毛サロン間での顧客競争が激しく、実際には予約がとりづらくても、予約をとりやすいと誇大広告を出して、顧客を集めている脱毛サロンも少なからずあるようです。そのため、脱毛サロンからの広告だけを鵜呑みにせず、実際に予約がとりやすくなるよう体制を整えているか確認する必要があります。

予約がとりやすくなるよう体制を整えているか確認するポイントとしては、
最新の進化した脱毛マシンの導入
脱毛方法の改良
があげられます。

脱毛マシンや脱毛方法を工夫することで、以前よりも1回の施術時間を短縮している脱毛サロンが多数あります。 1人あたりにかける施術の時間を短縮することで、サロンの回転率を上げ、以前よりも予約がとりやすくなるよう努力しています。 このように、サロン側で予約がとりやすくなるよう工夫や努力を行っているかを確認するようにしましょう。

予約がとりやすくなる体制を整えているか確認するポイント

最新の進化した脱毛マシンの導入

光脱毛の際、光の熱により肌が火傷しないように、冷却ジェルを塗って施術を行う脱毛サロンが多いですが、実は、施術スタッフが冷却ジェルを塗る作業は意外と時間がかかります。部分脱毛なら塗布範囲も狭いのですぐ終わりますが、全身脱毛となると、全身に塗布する必要があり、時間がかかるものです。

しかし、最新の進化した脱毛マシンを導入し、冷却ジェルを使わなくても施術することができる脱毛マシンもあります。 ジェルを使わないため、ジェルを塗布する作業を省略することが可能で、その分1回の施術にかかる時間を短くすることができます。

脱毛方法の改良

脱毛は通常毛周期に合わせて施術を行う必要がありますが、脱毛方法の改良により、毛周期を気にすることなく、通常よりも短い間隔で、次の施術を受けることができるようにしている脱毛サロンもあります。そのため、通常よりも短期間での施術で脱毛を完了することができ、サロン側の回転率を上げることで、予約がとりやすい体制を整えることができます。

広告は鵜呑みにせず脱毛マシンや脱毛方法を確認 「予約がとりやすい!」という広告や、「必ず予約がとれるから心配しないでください!」とカウンセリングで説明を受けた