トップ > 脱毛全般について > 部位毎の無駄毛の特徴

部位毎の無駄毛の特徴

無駄毛というのは多くの女性にとって非常に大きな悩みの一つだと思います。一言で無駄毛と言っても、身体の中でどの部分の毛なのかによって特徴が違います。特徴が違えば、適したお手入れ方法も変わってくるのでそれぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。部分毎のムダ毛の特徴について説明するので参考にしてみてください。

脇のムダ毛

ムダ毛と言った時にまず思いつくのが脇のムダ毛(脇毛)だと思います。 半袖やノースリーブになったときに袖口から脇のムダ毛が見えるとかなり恥ずかしいです。 他人の脇毛が見えたときには不快に感じる方も多いでしょう。 多くの女性が脇のムダ毛処理をしています。

脇のムダ毛をカミソリなどで自己処理していると黒ずみになることも多いです。 脇の黒ずみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 カミソリで剃ったとしても時間が経てばムダ毛が伸びてきます。 このときに、伸び始めた毛がゴマのようにポツポツ見えるのもとても恥ずかしいですよね。 そのような黒ずみにならないように光脱毛やレーザー脱毛で処理する方も多いです。 エステやクリニックでも両ワキ脱毛のプランが用意されており、非常に人気の高いコースとなっています。

顔の産毛

顔のムダ毛は細くて薄い産毛から、眉毛のような黒くて太い毛まであります。 いくら産毛と言っても口の周りたくさん生えていると、光の加減によってはヒゲのように見えることもあります。 また眉間に毛が多いと眉毛が繋がってくることもあります。 産毛が生えていると顔がくすんで見えたり、化粧のノリが悪いなど良い事はあまり無いですよね。

顔の産毛をカミソリでお手入れしていると、色素沈着が起きたりシミになることもあります。 他には毛抜きで処理していると、毛穴に負担がかかり炎症を起こすことがあります。 そうすると毛穴が開いて皮脂汚れが溜まりやすくなり、それが原因でニキビができやすくなります。

脚のムダ毛

脚のムダ毛は体の中でも太くて濃い毛の部類に入ります。 普段はパンツが多い人でも、暑い夏はスカートになるでしょうから隠すことができません。 スネ毛をお手入れせずに放置していると、ストッキングから突き出たり、中で渦巻いていたりして見た目が良くありません。 処理したとしても他の部位に比べて脚のムダ毛は伸びてくるのも速い傾向にあります。 顔と比べると脚の肌の状態をあまり気にしていない人もいるかもしれませんが、傷だらけだったり肌の状態の良くない足はいざ露出するときには少し恥ずかしいです。

背中のムダ毛

背中は自分ではなかなか確認できない場所です。背中のムダ毛は産毛のように薄い人もいれば、少し濃い目の人もいます。 背中は確認しにくい部分だけに、自己処理でお手入れするのも難しく、ほとんど放置している人も多いのではないでしょうか。 普段は背中のムダ毛を見られることは少ないでしょうが、たまにシャツから背中の産毛が見えている人もいるので、出来ることなら処理したい部分です。 背中は自分ではお手入れしにくいので、脱毛サロンなどで処理してもらうのが良いでしょう。

ムダ毛の自己処理をするのはとても面倒ですよね。 毎日自分でお手入れするくらいなら、早目にエステ脱毛を受けてムダ毛をなくしてしまうのが良いのではないでしょうか。 そうすれば、時間の節約になりますし、自己処理のように肌を傷つけることもないので綺麗な肌を保つことができます。 エステの光脱毛なら料金もお手頃で痛みもすくないのでおすすめです。

無駄毛というのは多くの女性にとって非常に大きな悩みの一つだと思います。一言で無駄毛と言っても、身体の中でどの部分の毛なのかによって特徴が違います。特徴が違えば